海外FXゴールド取引の教科書

海外FXのゴールド取引のロットとは?1ロットの大きさとロット計算方法

海外FXのgold取引

海外FXのゴールド取引でどのくらいのロットで取引すべきかは、個人の投資スタイルやリスク許容度によって異なりますが、目安として資金の1%〜5%程度を目安に設定することが多いです。

そこで今回は海外FXのゴールドのロットの意味と、1ロットあたりどのくらいの口座残高が必要なのかについてご紹介します。

海外FXのゴールドのロットとは

海外FXのゴールドのロットとは取引数量のことを意味しています。FXのロットについてはこちらのサイトでわかりやすく解説していたのでぜひご参考ください↓
【初心者向け】海外FXのロットとは?|海外FXコンペア

海外FXゴールド取引の1ロットの大きさ

海外FX業者で為替取引をするときは1ロット=10万通貨が一般的ですが、ゴールド取引になると1ロット=100oz(オンス)といわれています。

オンスとは、国際的にゴールドの重量を表す単位の1つであり、英語で「ounce」(アンス)とも呼ばれています。1オンスは、約31.1グラムに相当し、この単位はゴールドの価格や取引量を表す際に広く使用されています。

  • FXの場合 1ロット=10万通貨
  • ゴールドの場合 1ロット=100oz

ゴールドで1ロット取引するならいくら必要か

もし1オンス2,400ドルだった場合、XMTradingのスタンダード口座では「2,400✕100」で24万ドル、現時点の為替レートで3,400万円ほどの価値があるということになります。

マイクロ口座はその1/100ですので、34万円までに下がります。しかし、XMにはレバレッジが1000倍かけられるため実際に必要な証拠金はスタンダード口座で3万4000円、マイクロ口座では340円にまで下がります

当たり前ですが、ロット数によって取引額やリスク、利益が変わってきます。大きなロットで取引すれば、その分リスクも大きくなります。一方、小さいロットで取引すれば、その分リスクも小さくなります。とくにゴールドは1日に1,300pipsも平気で動くこともあるため自分の投資スタイルやリスク許容度に応じて、適切なロット数を選択しましょう。

海外FXのゴールドの1ロットとは|まとめ

海外FXはレバレッジをかけられるので1ロットからでも比較的少額から取引できます。しかし、ボラティリティが高いぶんそのぶんリスクもあります。最初は小さなロットからかけて取引しましょう。

ゴールドで稼ぐにはその他にも注意点がありますので、ゴールドで稼ぐための注意点もぜひご参考ください。